16 3月 2017

結婚の祝い金

結婚の祝い金を贈るときには、「4」、「9」の金額は避けるようにしましよう。4は「死」、9は「苦」につながると言って、避ける傾向があります。
偶数金額(4万円や、6万円)も「割れる(別れる)」という意味があるとのことで避けるべきですが、最近は「2」は「ペア、カップル」をイメージさせるので問題はないとされているようです。


3uweb